1月のカレンダーへ
2018年 1月31日 (水)
 
 

「下り坂のハロ/皆既月食」 (いなべ市/桑名市)

 
     大きな中層雲域が近づいてきていて、午後、巻層雲にハロや幻日。
     宵に晴れて、皆既月食はほぼ快晴状態でスタート。
     皆既となった後に、べたぐもりとなってしばらく見えず。
     皆既の終わる頃に、薄雲を通して見えるようになって、最後まで
    撮影を続けられました。
     上の1枚目の写真は、地球の影がわかる合成画像。
    次が、皆既となった直後の月、そして、完全に影に入った頃。

     星空に溶け込んでほの赤く光る月の幻想風景を、肉眼で、また
    双眼鏡で楽しめました。
     (つづきを2月2日のページに掲載)
     
    
< ↓ 画像をクリックして拡大 ↓ >
いなべ市 14:59
幻日と22°ハロ
15:01 22°ハロ 桑名市 21:53
皆既月食
皆既となった直後
WB:自然光
月の近くの恒星も
見えている
22:03

食の最大は22h30m
に訪れるはずだった
地球の影を固定しての合成画像(上が北)
食分 0 0.4 0.8 の前半と後半、そして食の最大 としたかったが、
後半の雲に阻まれて、アンシンメトリーな画像になった。
それでも、食の進行とともにどのような天気変化だったかが
思い返せる、じつはお気に入りの1枚。
地上(気象庁・東京大・高知大提供のひまわり赤外画像と気象庁・メテオプラネット提供の天気図を合成)
 

前日へ

翌日へ