7月のカレンダーへ   
 2022年 7月2日 (土)
前日へ   本日の野鳥ページへ  翌日へ 
「4方面の積乱雲群 と ベール雲」(桑名市)
 
 

揖斐川のアシ原で積乱雲を撮影。
快晴で暑いことは暑いが、海から涼しい風が吹いてきていた。
ちなみに、桑名のアメダスは通信障害で気象庁HPにデータなし。
亀山での最高気温は33.9℃で昨日より−3.9℃。

16時頃は、@奈良県方面の積乱雲、A北アルプス方面の積乱雲群。 
ともに、西風に流されていて、特に@は折れ曲がるように延びていた。

17時頃から石川県金沢方面の積乱雲群が顕著に。

そして18時頃、西方の鈴鹿山脈の上に積乱雲が逆光でみごとな
シルエットを見せ始め、ぐんぐんとかなとこ雲が迫って来て
19時前には桑名市の真上に到達。

今日は、濃尾平野も伊勢平野も下層雲が全くなく、多くの積乱雲や
積乱雲群が明瞭にみられて、衛星可視画像との対応もわかりやすい
ものでした。
    <↓画像をクリックして拡大↓>
 積乱雲@
16:04 南西 47mm
奈良県方面の積乱雲
積乱雲@
 16:05 南西 120mm
   
 積乱雲群A
16:05 北東 24mm
北アルプス方面の積乱雲群
積乱雲群A
16:06 北東 120mm
 
積乱雲群A
16:09 北東 70mm
積乱雲群B
17:23 北 170mm
金沢方面の積乱雲群
夕方になって急発達
積乱雲@のベール雲
17:29 南西 340mm
多重のずきん雲が重なって
ベール雲を作っている。
積乱雲@のベール雲
17:30 南西 120mm
積乱雲の流された部分の
活発な上昇気流で発生
   
 積乱雲@のベール雲
17:31 南西 220mmトリミング
主たる対流の雲が
突き抜きけかけて美しい。
積乱雲@のベール雲
17:31 南西340mm
左写真から1分もたって
いないが対流の雲が
一気にベール雲を突き抜けた。
   
 積乱雲C
18:25 西北西 24mm
日没前の太陽の方向に積乱雲。
琵琶湖東岸あたりの積乱雲かと
思いきや福井県小浜方面のもの。
すでにかなとこ雲が鈴鹿山脈を
越え始めているようだ。
  積乱雲C
18:38 西北西 24mm
かなとこ雲がぐんぐんと
迫ってきた。左写真から13分。
画角は同じ24mm。
   
  積乱雲C
18:42 西北西 70mm
かなとこ雲の雲底に乳房雲。
滋賀県あたりで撮影された
画像があれば見てみたい。
 
   
高知大学気象情報頁可視画像16時 
@奈良県方面の積乱雲 A北アルプス方面の積乱雲群
 
 高知大学気象情報頁可視画像18時
B金沢方面の積乱雲 C福井県小浜方面の積乱雲
 
地上(高知大学気象情報頁赤外画像と気象庁速報天気図を合成)
 
 振り向く、滑り降りる、オオヨシキリ   本日の野鳥ページへ